・コカ・コーラ社がサッカーゲームに登場するキャラクターとスポンサー契約
・「アレックス・ハンター」は、現実のプロサッカー選手に匹敵する知名度を持ち、全世界にファンが存在
・ゲームが好きな若年層に対し効果的なアプローチが期待できる


 コカ・コーラは、EA Sports社が発売している世界規模で人気のサッカービデオゲーム「FIFA 18」に登場するキャラクター、アレックス・ハンターとスポンサー契約を結んでいる。

 このゲームの人気コンテンツの1つが、「The Journey」というストーリーモードで、これはロンドン在住のアレックス・ハンターというキャラクターを使い、トップ選手になることを目指していくものだ。この契約により、ストーリーモードでは様々な場面で、コカコーラの製品が登場することになる。

 こういったスポーツゲームで、スポーツメーカーが契約を結び登場人物のユニフォームにメーカーのロゴが入ることもよくあるケース。しかし、今回のように非スポーツメーカーが、ゲームの世界でスポンサー契約を結ぶのは珍しい。

 ただ、FIFA18は世界中のサッカーファンから親しみがあるゲームであり、その知名度は実在の選手に匹敵するもの。また、ストーリーモードで使っているからこそ、ハンターは実際の選手以上に親近感を抱かせる存在となれる可能性がある。スポーツ好きの若年層に向けては、ビデオゲームでのスポンサーは有効な施策となりえるものだ。

 また、ビデオゲームといえば子供たちが友達と一緒にスナックを食べ、ソフトドリンクを飲みながらワイワイと楽しむのが定番スタイルの1つになっている。その際、自分たちが遊んでいるゲームにコカ・コーラが登場することで、自分たちもどうせならコカ・コーラを飲みながら遊ぼうか、と考えるきっかけとなる効果も考えられるだろう。