スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナルは、スポンサーシップなど、スポーツビジネスに関する情報に特化したメディアです。

スポンサー事例

AEG運営のアリーナ、災害復旧会社とパートナーシップ契約

https://twitter.com/AEGGPInsider/status/929049779979431936

・施設を保有・運営する会社と災害復旧を専門的に行う企業との複数年のパートナーシップ。
・施設を本拠地として利用するチームと地元メディアにもスポンサードして地域貢献の機会に。
・同社の他事業である清掃サービスの受注と、同社の生産する厨房設備を施設に供給する(=パートナーシップをきっかけに、しっかりビジネスが成立)
・自然災害やテロなどの脅威に対し、自分たちの施設の安全性のアピールに寄与

・このパートナーシップをきっかけに、カジノや銀行といった他施設への営業活動を展開できる。


 2017年11月、世界的なスポーツ&ライブエンターテイメント企業であり、ロサンジェルスにあるSTAPLES Center(NBAのLAレイカ―ズ、LAクリッパーズ、NHLのLAキングスの本拠地)を所有している事でも有名なAEGが、災害復旧専門会社のBELFORと複数年のパートナー契約を締結した事を発表した。

 BELFORはミシガン州に本社を置く、世界一大きな災害復旧専門会社で、災害時に被害にあった住宅・商業施設等の建物・設備を修復し、事業の早期復旧を支援する事業を行っており、世界31カ国で300以上のオフィスを展開している(日本にもBELFORジャパンがある)企業である。

 今回の契約内容は、AEGが所有するNHLのLAキングスとAXS TV(ケーブルTV)とのオフィシャルパートナーシップ、STAPLE CenterとラスベガスにあるT-Mobile Arenaのオフィシャル復興パートナーで、この新しいパートナーシップはAEGの施設には、より質の高い災害時のサービスの提供、BELFORにはチームやTVを通じて地域貢献への機会が提供される。

 「このパートナーシップを通じて、地域の皆様にBELFORの献身的な姿をお見せする事が出来て光栄です。また、社会に、災害に対しての準備の重要性を伝えて行きたい。」とBELFORのCEOは語っている。

スポンサー契約以外にも多岐に渡るパートナー契約

 AEGのグローバルパートナーシップ副社長は、今回の合意には3つの要素も含まれると言う。一つは前述の二つのアリーナとLA Live(STAPLE Centerに隣接する商業施設)が「Red Alart」サービスの提供を受けると言う事。これはAEGがBELFORに年会費を支払い、ロサンジェルスやラスベガスで地震や洪水などの自然災害が起こった際に、「優先的に我々の施設へ駆けつけてくれる」事となる。そして後の二つは、ベンダー(納入業者)契約で、BELFORは同社の事業の一つの清掃サービスと、同社の生産する厨房設備を3つの施設に供給する、というものだ。

 また、BELFORは契約の一つとして、LAキングスの毎試合において、「Hero of the Game」という、退役軍人や災害現場に最初に駆けつける地元警察や消防、救急隊員等を表彰するプロモーションのスポンサーを務める事となる。それに加えて、AXS TVで放送される、災害救援コンサート(例えばプエルトリコで起こったハリケーン被害救済の為のコンサート等)のスポンサーをする権利を得る。これらは企業理念として社会貢献活動を積極的に行っているBELFORにとって意味のある内容と言える。BELFORはこれまでにも積極的に災害時に現場で働く救急隊員や軍の職員、退役軍人などの就職支援を行ってきた長い歴史があり、LAキングスが軍と取り組んでいる地域貢献活動への参加が可能となる。

初めての試みでビジネスチャンスを広げる

 BELFORは既に、地元ミシガン州デトロイトでNHLのデトロイトレッドウィングスとスポーツエンターテイメント会社のオリンピアエンターテイメントとパートナーシップ契約を長期で結んでおり、レッドウィングスの練習施設のネーミングライツ契約等もしているが、デトロイト以外でのスポンサー契約は今回が初めてとなる。AEGにとっても今回のBELFORとのスポンサー契約は新しいカテゴリーの開拓となった。

 AEGにとって今回のパートナーシップは、昨今深刻さを増している自然災害やテロなどの脅威に対し、自分達の商業施設は高い実績のある災害復旧専門家と共に安全対策に力を入れている、と来場者へのアピールとなるであろう。「いざという時に安全な施設」という信頼を得る事で施設へのさらなる集客やイベントの誘致へとつなげる事が出来るに違いない。一方、BELFORにとっても、世界中にスポーツ施設やコンサートホール、商業施設等を展開するAEGとのスポンサーシップは、AEG所有する他の施設との契約、彼らのパートナーであるカジノ(T-Mobile Arenaを共同所有するMGM)や銀行等ともビジネスチャンスが広がる事となり、大変魅力的な投資であると言えよう。

ライター:西牟田京子

SNSアカウント

SSJではTwitterとFacebookを通して記事の更新やセミナーの開催をお知らせしています。興味をお持ちいただけましたら、フォローまたはいいね!をお願いいたします。

SSJとは?

Sports Sponsorship Journal(以下:SSJ)では、スポーツに協賛するスポンサー企業によるマーケティング活動の国内・海外事例を掲載しています。 スポンサーシップの活用法についてお困りの方はぜひご利用ください。


SSJについて  お問い合わせ  運営会社

© 2021 スポーツビジネス情報メディア【スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル 】

資料ダウンロード 資料ダウンロード