スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナルは、スポンサーシップなど、スポーツビジネスに関する情報に特化したメディアです。

スポンサー事例

南オーストラリア州、中国開催のオーストラリアラグビーの会場命名権契約を延長

https://youtu.be/WN3H1bjDwIg


・プロスポーツチームが海外でリーグ戦1試合を実施。試合会場の命名権を地元行政が期間限定で取得
・行政は海外からの観光客の増加や輸出機会の増加に伴う投資、雇用の増加が目的


出場チームのある州政府がイベントをサポート

オーストラリアで高い人気を誇るオーストラリアン・フットボール・リーグのAFLは、2017年から人気チームの一つであるポートアデレード・パワーのリーグ戦1試合を上海で開催してきた。今回、このイベントを2019年以降も継続することを発表した。2017年と2018年の対戦相手はゴールドコースト・サンズであったが、2019年~2021年はセント・キルダ・セインツが対戦相手となる。

この発表に伴い、ポートアデレードが拠点としている南オーストラリア州の地元自治体は、2018年に引き続き2019年の上海ゲームで使用されるスタジアムの命名権を取得。これはイベント期間中に適用され、名称は『アデレードアリーナ』となり、契約金額は前年同様の35万ドル(約3,900万円)と報じられている。

同州の首相はこのスポンサー契約について、「我々はこのイベントが年々成長し、中国とオーストラリア間の輸出機会が増加することで、投資や雇用の増加、また中国人観光客がアデレードや南オーストラリア州の他の地域を訪れることを期待している。」と語っている。

このAFLによる中国進出は経済的成功を収めており、今年5月に行われた2回目のイベントでは、昨年よりも多い12,000人の観客を集めた。 また、2社だったTV放映も今年は倍の4社が放映権契約を結んでいる。そのうちの1社とは、2018シーズンのポートアデレードの試合放映、AFLのウィークリーハイライトや情報番組などを中国語で放送する契約となっている。 こういった露出の増加もあって、ポートアデレードのチーフエグゼクティブは「上海ゲームだけではなく、男子のプレシーズンゲームや女子の試合を中国で開催することも今後視野に入れたい」と語っている。

スポーツリーグやイベントを国際通商発展のための宣伝ツールに

人気や収益の拡大のためにスポーツリーグが海外で試合を開催する戦略はNFLによるロンドンシリーズや、NBAによるチャイナゲーム、欧州の名門サッカークラブによる北米、アジア地域への遠征ツアーなど多岐にわたっている。その一方で今回のように他国のアリーナの命名権を州政府が獲得する事例はとても珍しい。しかし、海外でのスポーツイベントの人気拡大に伴い、スポンサーとして投資の回収がいろいろな分野で期待できるのであれば、スポーツコンテンツは今後、行政の宣伝広告戦略の重要な選択肢の一つとなるだろう。

ライター:西牟田京子

SNSアカウント

SSJではTwitterとFacebookを通して記事の更新やセミナーの開催をお知らせしています。興味をお持ちいただけましたら、フォローまたはいいね!をお願いいたします。

SSJとは?

Sports Sponsorship Journal(以下:SSJ)では、スポーツに協賛するスポンサー企業によるマーケティング活動の国内・海外事例を掲載しています。 スポンサーシップの活用法についてお困りの方はぜひご利用ください。


SSJについて  お問い合わせ  運営会社

© 2021 スポーツビジネス情報メディア【スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル 】

資料ダウンロード 資料ダウンロード